上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

高見石からの展望@高見石ハイキング

高見石からの展望@高見石ハイキング

白駒池駐車場に車を止めたら、いよいよハイキング開始です

2006.11.4-09.jpg
これから登る高見石白駒池は八ヶ岳中信高原国定公園の中に位置します
北八ヶ岳の原生林に作られたハイキングコース。
ここもマイナスイオンがたっぷりと出ていますね

2006.11.4-10.jpg
原生林の中を5分くらい登っていくと出てくる案内板
左回りコースで高見石を目指します
(実は右回りコースは急勾配、左回りは比較的なだらかなんです)

2006.11.4-12.jpg
生い茂る原生林と、柔らかな木漏れ日の中を気持ちよく登ります

2006.11.4-13.jpg
登ること約50分、高見石小屋の裏手に出ました。
高見石小屋は軽食や飲物も提供してくれますので、喫茶の機能も持っていますよ)

2006.11.4-14.jpg
高見石小屋の脇、ここから高見石に登ります


2006.11.4-15.jpg
巨大な石がコロゴロと積みあがっています。一見大変そうなロッククライミングに見えますが、レコードラインの石には赤い目印がつけられており、小学生でも簡単に登っていっちゃいます

しかし・・・誰がこんなに巨石を積み上げたのだろう??


2006.11.4-17.jpg
あの石を越えると絶景が待っている!!!

2006.11.4-18.jpg
おぉ!! 目に飛び込んできたのは、白駒池だ!!!

2006.11.4-20.jpg
横岳や蓼科山がくっきりと見えます。
ここから見ると、生い茂る原生林の緑がまぶしい

2006.11.4-21.jpg
ふと高見石小屋を見てみました。小屋からも結構登っているのが分かります

2006.11.4-22.jpg
青い空と絶景を独り占め(していないって)しながらの休息
昨日の上高地とはまた別の気持ちよさがあります
(だけど風と空気は冷たいのでちょっと肌寒い・・・orz)

2006.11.4-24.jpg
左回りコースの下り。結構険しいルートになっています
高見石から見ると白駒池まで真っ直ぐという感じだからしかたないのか???
時折道もぬかるんでいるので、足を滑らせたりしないように、足腰に負担のかからないように慎重に降りていきます

2006.11.4-25.jpg
標準タイムよりゆっくりなペースで白駒池の畔まで降りてきました

2006.11.4-26.jpg
静かにひっそりとたたずんでいるかのような白駒池
風も穏やかなこの日は、とっても神秘的でした
ここから紅葉を見るとしたら1ヶ月位前がピークかもしれませんね



この後メルヘン街道を下山、そしてお昼は・・・



高見石ハイキング
R299と麦草峠の風景に戻る
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

ありがとうございます

コメントありがとうございます
個人的には高見石からの写真はもう少し表現力のあるのを撮りたかったのですが。。。

今奥多摩あたりは紅葉のピークだと思います。息抜きがてらでかけてみるのはいかがでしょうか?

はじめまして☆

履歴からここにきました^^
自然の広大な風景がとても綺麗に撮れてらっしゃったのでコメント残させていただきます☆
最近は都心から抜け出せる暇がなく、こういう自然と触れ合う機会が減ってしまいました。すごく心が癒されました^^
また寄らせて頂きます♪〝
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。