上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

雷撃やまず

雷撃やまず

北京オリンピックの100m、200m、リレーで三冠をとったウサイン・ボルト
彼はその後の大会でも、優勝と、稲妻旋風やまずといった活躍。

8月最終週、東海から関東~北日本にかけてのゲリラ豪雨&毎日のように続く夕立と落雷。
(やっと収束するも、いまだに気圧配置は不安定・・・)

そして9月1日「福田首相電撃辞任」
首相が2代続けて政権を放り投げた形となったわけです。

所詮は党利党略、自分さえよければいいという政治家たちの住む世界。
口では「国民の生活を第一に考えて・・・・」などと言っていますが、どこに国民の目線があるのだろうかと、いつも不思議に思う。
結局は自分のポスト、金が大事としか思えない。

大体50年も60年も自民党が政権をとっていること自体が歪みの、腐敗の大元。
政策の継続性がどうのこうのというのでしょうが、10年先、20年先を見据えることができない今の自民党に政権を担わせる必要はない。

選挙権を持つ一人一人が気づいてほしい。
政権政党も刷新を繰り返さない限り、政官癒着、腐敗が絶えないということを。
やっぱり自民党でなきゃというのはどこに根拠があるのだろうか?

今の現状を見てほしい。
修復不可能になった継ぎ接ぎだらけで不可解・不透明な年金。
税金を自分の金と勘違いする不透明な政治と金の問題。
余剰人員ばかりで、合理化、効率化を行わない行政・官僚。
父の代ほどの能力もなく、基盤だけ引き継いだ2世議員の跋扈。
将来に、未来に希望を持てない社会。

これらを作ったのは、紛れもなく自民党の政治屋たちなのである。

何回も選挙に出て、何回も何年も議員をやっているだけの、職業=政治屋しかいない。
本来政治家とは国民を代表するボランティアであるということを忘れている。

次期自民党の総裁が誰になろうとも、自民党政治が続くことはもう終わりにしていただきたい。
一度は民主党に政権を、政治を担わせて、どう舵取りをするかみせてもらいたい。
それでだめなら、また駄目出しすりゃあいいじゃないか。

このように自民党が与党になるたびに、いつも憤りを感じております。



最後はちょっと強引ですが、雷撃やまず、まだまだ続く予感がします。



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。