FC2ブログ
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

鉄の神様がくれた旅Vol.6 下関駅

鉄の神様がくれた旅Vol.6 下関駅

鉄の神様がくれた旅。

あなご飯で朝食を済ませると、ブルートレインの旅も終盤に近づいていく。
山陽本線の有名撮影場所(小野田~厚狭間)の撮影者たちに手を振る。

下関到着の10分程度前、東京駅から乗務していた下関乗務員センター所属の車掌さんからの最後の放送が入る。少しアクセントにクセがあるが丁寧な口調で淡々と案内をする車掌さん。
東京から12時間半の乗務お疲れ様です。
これだけ長い時間の乗務となると、愛着もわいてくるのではないでしょうか?

8時32分、寝台特急はやぶさ・富士号は下関駅に到着。
ドアの前に待機していた人たちはみんな1号車付近へ向けてダッシュ。
下関での機関車の付け替え作業の大イベントを見るためだ。

20081010_IMGP7916.jpg
8号車から1号車まではやはり遠い。到着した時には既にEF66は切り離されていました。

20081010_IMGP7917.jpg
切り離されたEF66は駅の西側敷地にある車両基地(下関車両管理室)へ向かう。
東京から約1100kmの牽引、お疲れ様でした。


20081010_IMGP7923.jpg
はやぶさ・富士号の乗客と、下関駅の見学者でごった返す1号車付近
みんな連結や切り離しのシーンが好きですね(私もだ!)

20081010_IMGP7919.jpg
EF81を待つはやぶさ号1号車。
富士号との併結区間では、このマークを見れるのは東京で回送される時と下関だけだろう。

20081010_IMGP7925.jpg
前方から推進運転でやってくる交直流両用機関車EF81。
下関-門司間のみの牽引を担う。

20081010_IMGP7928.jpg

20081010_IMGP7929.jpg
毎日、1レ、2レとも行われている付け替えシーン。
このシーンも来年のダイヤ改正を持って見られなくなってしまうのか。

機関車が付け変わると、発車ベルもならずに発車となる。
連結作業を終えた係員から「直ぐの発車です」と声がかかる。

20081010_IMGP7930.jpg
一番近いはやぶさ1号車に飛び乗り、貫通扉の窓から撮影。
しまった!EF66でこの光景を撮っておくの忘れた;;


EF81に牽かれ門司を目指す。
車窓から車両基地に停車していたヘッドマーク付のEF66が見えたが、カメラを構えたところで上りの貨物列車に被られてしまった。残念!


次は門司で行われるイベントです。


Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。