上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

PHOTO IMAGING EXPO2009より

PHOTO IMAGING EXPO2009より

気付けば4月ですが、
先週の3月26日(木)から29日(日)まで日本最大級のカメラ系イベントであるPIE2009が開催されました。
20090328_IMGP2607.jpg

去年このイベントに初めて訪れて、衝撃を覚えたのを覚えている(なんか日本語が変?)
風景写真における絞りと露出の関係。
スポット測光術、被写体別反射率など、現在の露出決定をする基本になっていることを学びました。

それからしばらくして何故か風景ではなく、鉄の、幹鉄の道へ向かっていったのですが。。。

前置きはこの程度にして、私が赴いたのは28日の土曜。
天気は晴れで撮影日和ですが、春を感じさせる淡き色がまだなので鉄はウヤです。


一日一鉄の中井精也氏のトークイベント、レベルアップセミナー、市川ソフトブースでのRAW現像等、自分が興味のあるイベントを見ながら動いていたので、気付けば昼ごはん抜きで7時間ほど歩きっぱなしの立ちっぱなし。
家に帰るとどっぷりと疲れが。。。


20090328_IMGP2441.jpg

さて私が注目しているというか注目せざるを得ないペンタックスブースでは、中判カメラである645Dと、高倍率コンパクトのX70、新レンズの話題ばかり。
K20Dの後継(?)にならないらしいK30D(仮)の話は緘口令が出ているのか何も聞けなかませんでした。
その代わりにK20Dを触らせてもらい、色々要望をぶつけてきました。

K10DとK20Dの比較ですが
お星様55mmF1.4で撮り比べたとき、まずファインダーが明るいことに驚きました。
K10Dに拡大アイカップをつけているのに、それよりも ピントの山がつかみやすいです。
高感度の画質は800は勿論、1600でもK10Dと比べてかなり良くなっているといっておりました。
しかしK20Dは数分しか触っていませんし、自分の得意シーンへ持っていかないと完全に比較できないのですが、なんかあらぬ期待が出て来ます。
他にも拡大Dレンジとか、ファインシャープネスとか、画像サイズは小さいのに限定されるけど21コマ/秒の高速連写とか・・・

見た目と操作性は殆ど変わらないが、中身は完全に別物と実感。
画質新次元の名は伊達じゃない。
欲を言えば最速シャッタースピードUPと最高画質、サイズでの秒間連続撮影の倍増、AF精度の向上が欲しいですが。。。


次期モデルであるK30D(仮)が出ても、ファーストロットを回避し次ファームとか値段が落ち着いた頃に購入と考えると、最短で半年、長ければ1年半近く待つ可能性もあります。

K30Dが出るまでのK20Dが美味しい期間なのかもしれません。

今なら値段がとてもこなれているし。。。
K10Dよりも画質がよく熟成されているモデルなのにとってもお買い得です。






(悪の囁き)














どうする?




・・・・・アイフル?








振り向けば。。。




限定モデル?








いやいや、角を生やした大蔵省が金棒を持っていそうです。。。。



ローンは組めないから。。。
下取りも考えちゃおうかな?

まずは金策情報収集からだ(爆)

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。