上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

最強と謳われたレンズ

最強と謳われたレンズ

今までの相棒K10Dと最後の別れを告げに行った日のこと


ショーケースに鎮座し、運命の出会いを感じたレンズがあった。

20090410_IMGP2949.jpg
FA★85mm F1.4
35mmフィルム時代に最強と謳われたポートレートレンズ


絶版ゆえに中古市場でしかお目にかかれない一品と出会えた縁

K10Dに取って代わる2代目の相棒よりも、高いプライスタグ。
使い手を選ぶ(らしい)カールツァイスの同画角、同F値の新品が買えるプライス。
でも、ここはAF付きの純正を選ぶのがユーザーだろう。
カメラと一緒にサポート、サービスを受けることが出来るメリットは大きい。

PENTAXユーザーの店員さんも持っているというこのスターレンズ。
開放F値1.4。デジでは85mm×1.5の焦点距離からすると開放ではピントの深度が更に浅いが、2段絞ったF2.8以降は扱いやすいレンズと早代わりする楽しいレンズだと言っている。
現在はFA77mm Limitedの出番が多く、持ち出すことも少ないと言っていましたが、絶対性能と追求したスターレンズ。
絶版しているせいで人気も高く、中古相場がディスコン前の定価と同じ。
持っていて全く損はない。
というか私にとっては必要なレンズ。
縁あったゆえに出会い、まさしく運命を感じる出会い。

憧れの人と出会ったときのようなときめき。
この機会を逃したとき、次の出会いはないと思うと、ここは一念奮起。
K20Dと一緒に会計していました。


総計で15万弱のお買い物。
支払い回数が10回伸びて15回払いでございます。
(稼ぎの良い副業【撮影活動に差し障りがない程度】の情報お待ちしております)


20090410_IMGP2950.jpg
新たな相棒と共に画質新次元を探求していきたいと思います。


Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。