上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

冬の新在線検測 East-iを追いかけて vol.5

冬の新在線検測 East-iを追いかけて vol.5

冬の新在線検測 East-iを追いかけて vol.5  ~大張野S字カーブにて~


East-iの追いかけを終え、秋田駅前のホテルに宿泊。
昨晩のビールはとってもおいしかった。
朝食付きだったこともあり、しっかり食べてからの行動開始。
秋田という場所もあり、昼過ぎには帰京しなければならないことを考えると秋田から近場のポイントで数本という感じで大張野S字カーブにやってきました。


20110123_IMGP1971-PPL1.jpg
mixiのつぶやきにも載せたのがこれ。3022M
偶然にもR1でした。これを撮れたのは少しうれしい。

20110123_IMGP1971-PPL2.jpg
しかし、到着してあーでもないこーでもないとやっている内にやってきたので構図の詰めが甘く、左右に要らないものが入り込んでいるので少しトリミング。
よーくみると少しピンが甘いか?
手持ちでズームしながら調整してAFだから仕方ない。

20110123_IMGP1972.jpg
ようやくピントが合ったのはカーブの頂点を行き過ぎたところでした。残念!!

20110123_IMGP1973.jpg
雪煙を上げて走り去るバックショットも線路脇且つS字ならではの迫力があります。

20110123_IMGP1978.jpg
バックショットをヒントに構図を固めたS字カーブ。
三線軌で有名な場所ですが、完全に雪で埋もれて隠れてしまっておりますね。

20110123_IMGP1984.jpg

R1でピン甘になってしまったカットのリベンジ。
この日も雪が降ったり止んだりと目まぐるしい天気でした。北東北は天気予報が雪のマークでも時折晴れ間が見えることも多いですね。

この辺で昼となり、帰京の距離と時間を考慮し撮影は終了。
大張野S字から自宅まで約610km。長い旅です。
「また来るよ。秋田」という思いと、East-iのリベンジ、別カットへの思いを秘めて、今回の新在線検測紀行は筆を置く事とします。


東海道は米原地域のスプリンクラーを浴びる新幹線は美しく、非常に絵になりますが、東北は雪煙を上げて走る。超ロングレンジのレンズが無くとも十分に雪と新幹線の撮影を楽しむことができるのでいいですね。

東北はE5,E6と新型が投入されていく過渡期です。
まだまだ楽しめるでしょう。




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

コメントありがとうございます

千葉様 こんばんは。
お褒め頂きありがとうございます。
初めての秋田遠征でしたので、定番カットが多かったと思います。
追いかけが主目的でしたので機動力重視の行動ですが、あまりに目まぐるしくて大変です。

素晴らしいです。

こんばんは。
見応えのある作品の数々、楽しませて頂きました。
これだけバリエーションのあるカットを撮影できるモノなのかと、唸ってしまいました。
温い私は駅に張りついてばかりです・・・
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。