上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

本格運用を兼ねた那須塩原撮影記 vol.1

本格運用を兼ねた那須塩原撮影記 vol.1

4月15日 都内では桜も葉桜に変わったころ、
天候は前日の雨からうって変わっての晴れ、日中の気温もさほど上がらないとなると、比較的スカッとした空気という条件が揃う。
「これは超望遠を試す最後のチャンス」と思い、突発的に那須塩原へ繰り出しました。

しかし連日の疲れから頑張って朝4時半に起きたのに、出発5時半になった時点で少し終わっています。


那須塩原に到着したのは8時過ぎ。
時間のない中、APS-C500mmを最大限に活かせるポイントを探ります。
(撮影は全て50-500F4-6.3APODG HSM)



201200415_MG_8628.jpg

構図を詰め切れていないうちに最初のターゲットであるはやこま15号の通過アナウンスがながれ・・・
さらにはピン甘でチーン・・・・
(シャープネス強調の上、小さなサイズなのでごまかせているだけ)

201200415_MG_8638.jpg

後続のはやぶさ1号も同様に激チーン
構図を調整して、ピントも確認したはずなのですが・・・



201200415_MG_8646.jpg
色々とやっていくうちにやっとピントが合ってきたのは、やまびこつばさ127号
3月17日のダイヤ改正以降、やまびこつばさの半数をE2編成が受け持ちます。

やっぱり500mmまでいくとピントあわせが難しい。
ピント確認にノートPC持込の方がいいのかなぁ・・・
でも実用性はダブレットだと思うし・・・ 誰かいい方法知っていませんか?




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

伝授ありがとうございます

比較的涼しいと思ったこの日ですら陽炎メラメラで合わせ難く、置きピンの確認をゴルゴTさんのようにやろうかと本気で思いました。
今後似たようなことを試すかもしれません。

さて、伝授いただいた
1、の後者の方法にゾーンAF、追尾優先AIサーボを試してみようと思います。
カーブの頂点なら追ってくれることを期待します。

2、は消極的過ぎるのでご遠慮いたします。

対応策

こんにちは。
この時期は陽炎メラメラでやりにくいですね。
あまり参考にならないとは思いますが、次回にでも試してみてください。

1、陽炎メラメラ状態で置きピンをするとその時点でずれている事があるので、AFでピントを追わせる。追い方にも色々ありますが、あらかじめ測距点を固定して被写体に合わせて振る方法と、測距点を被写体に合わせて変える方法があります。追従性が高いのは前者の方法ですが、構図がずれる危険性があり、後者の方が無難かも知れません。サブ電子ダイヤルを測距点選択専用にするとやりやすくなると思います。ただし絞りの操作方法が変わります。

2、諦めて撮らない・・・

今後のご健闘をお祈りします。

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。