上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

続・超望遠の世界

続・超望遠の世界

写真が多くなってきたので続編です。

20121109_MG_4071.jpg
午後になり、太陽を背負う形で逆光になりましたが、ナナゴロー相当のサイズで調子にのって撮り続けています。
キャノンの特性上、シャドウ部がつぶれやすい反面、ハイライト側が粘るので、逆光なのにいい味が出ております。

20121109_MG_4095.jpg
この日も絶賛耐久試験中だったS11も逆光で決めてやるぜ!と意気込んだものの、
E5の長い鼻は逆光の光線を全て受け止め、反射させるという特徴を忘れていたせいで、顔の半分が白く飛んじゃいました。


20121109_MG_4125.jpg
少し休憩した後、定番の宇都宮側先端へ移動
ギラリが定番カットですが、まだ太陽高度が高いようです。
500mmだと車両は強調できるのですけど、カーブを高速で駆け抜ける動きを見せるには長すぎるようです。

ギラリタイムまで粘りましたが、沿線の木が高架の高さを超える巨木で、光の当たり具合がイマイチ。以前よりも車体に影がかかります。

光の当たる位置を見ながらだと80mmくらいがちょうどよいみたいです。
20121109_MG_4185.jpg
架線柱が映りこんでいますが仕方がないですかね

20121109_MG_4181.jpg
実はつばさの前の上り列車が一番キレイ。
200~300mmで下り列車のシャッターを落としたいところにちょうど影が来るのでが、まあ微妙な場所でして。。。
那須塩原もギラリが撮りにくくなったかもしれません。
E3こまちの先行量産車である“のっぺらぼう”のR1なのはたまたまです。


この日の本命だったはずのK47。
コレを撮るために長タマを借りたはずなのですが、待てど暮らせどやってきません。
それもそのはず、回送で新潟を出発するのは17時近く。大宮には19時位。
那須塩原付近を20時位だったようで、どちらにせよ長タマでとることができない時間帯です。
それ以上に、この日は風が強く、吹きっさらしの新幹線ホームはどんどん体温を奪っていく。
ある程度の防寒装備できたのですが、真冬装備ではないので、でいつ来るか分からないK47を待っていられませんでした。

それでもゴーヨンの性能、シャープさ、AF精度も確認できましたし、エクステンダー装着時のナナゴローといったΣ50-500では暗すぎて撮れないようなカットを撮れました。
また光の加減といったデータを収集でき、そして長タマ単の重さを運用方法や・運搬手段と負担もテストが出来たので有意義な1日だったと思います。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。