上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

東野愛を追いかけて 其の参

東野愛を追いかけて 其の参

長らく更新しなかったと思えば、連続更新をすることもある。
更新をマメにすればこんな変な感覚は無いのだろうけど、どうしても個人的なやる気やスケジュールによる都合には逆らえない。
blogだって仕事みたいな感覚でやっていたら、それはもう終わりだろう。
「もう少し簡単に更新が出来ないか?」コレを考える時期にきているのかな?


前文はこの程度にしておいて、肝心の「東野愛を追いかけて 其の参」をお届けいたします。


それではお楽しみください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


20140228_MG_4115.jpg
CanonEOS7D + EF70-200mm F2.8L IS II USM

下りが終われば、上ってくる。そんは当たり前なことだけど、
上下楽しめるこの場所故に、「ココでおさえておくことがベスト」だった。
S字とは異なる雰囲気だけど、上りは下りと違って軌道検測ライトがついているんだぜ




20140228_MG_4120.jpg
CanonEOS7D + EF70-200mm F2.8L IS II USM

去り際の後追いを1枚。
上のカットを撮った後、三脚からすばやく機材を外して縦位置で構える。
これは自分が思う、ベストポイントからの構図。
East-iが好きな理由はこれ。下膨れっぽいぷっくりとしたほっぺ顔なんだ。




20140228_MG_4140.jpg
CanonEOS7D + EF70-200mm F2.8L IS II USM

秋田新幹線の経路と、国道の経路の都合で、先回りが出来るのがEast-iの追いかけ
本来は逆光となるこの場所でも撮影しちゃうのが逆光バカのワタクシ。
ワンポイントは屋根に。キラリと星が輝きました。




20140228_MG_4145.jpg
CanonEOS7D + EF70-200mm F2.8L IS II USM

この場所を選んだのは、背景が山で望遠で抜けるという案から。
定番撮影地でお会いした2名のプロカメラマンに同行させていただいたのですが、
この場所は2年前も、2013年春にも訪問していた場所。
なので勝手も分かるので今回はちゃんと構図を撮りました。(嘘です。手持ちです)




20140228_MG_4150.jpg
CanonEOS7D + EF70-200mm F2.8L IS II USM

後追いで編成を切り取る
民家が少しうるさいですが、雪晴れの雪原で背景の山々もきれいに抜けています。
本当に朝の天気から考えると嘘のような回復でした。




To be continued・・・

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。